月の裏側

行き場を無くした思考の末路

ピアノフォルテの女

僕は、桜内梨子のオタクです。

 

ライブでは基本的にサクラピンクのサイリウムを振り、グッズも彼女のものを購入し、部屋はそれらで満ちている。

食事をしようとしてメニューにタマゴサンドがあればそれを注文するし、淡いピンクや桜のモチーフが使われた小物を見つけるとつい手に取ってしまう。何を聴こうか迷ったら、取り敢えずピアノの目立つ曲を聴く。

 

外出したり旅行をしたりした際、何か綺麗な景色や建物を見れば「彼女はどう感じるだろうか」とか「どんな感想を言うのだろうか」と考え、繊細なアクセサリーや可愛らしい装飾品を見かけると「彼女に似合うだろうか」と考える。

しょっちゅう彼女の何かしらについて考えていて、精神が沈んだらその姿や声に癒されている。

 

そんな、所謂「梨子推しのオタク」の1人です。

 

では、「なぜ桜内梨子なのか」と問われたら。

 

f:id:Tsukimi334:20190121161921j:plain

「文句言っても、誰もやってくれないわよ」  

僕は、このシーンで心を掴まれたからと答えます。

 

意外でしょうか。

もっとドラマチックなシーンも沢山ありますからね。

 

でも、事実として僕が心を掴まれたのはこのシーンです。

それまでふらふらしていた心は、このシーンを目の当たりにしたその日から一切揺れなくなりました。

 

それまでは、育ちが良くて繊細で、引っ込み思案なイメージだった彼女が、途端に強くて逞しい人に見えて。

その唐突に現れた逞しさに、僕はすっかり惚れ込んでしまったのでした。

 

繊細なようで、逞しい。

傷付きやすいようで、とてもタフ。

弱いように見えて、強い。

 

そんな、僕が好きなひとの話を少しだけ。

お付き合いいただけたら、幸いです。

 

 

続きを読む

キセキ立証

 

ーー聞こえているか、そこの名無し。

 

そうだ、お前だ。

泥に塗れ血反吐を吐いて、それでもまだ足掻き続けている無様な人間。

傷付きやすい癖に、往生際だけは異常に悪い弱虫。

この期に及んで、その道の向こうに光があると信じ続けている愚か者よ。

 

お前に、幾つか言伝がある。

 

少し時間を寄越せ。すぐに終わる。

 

 

 

続きを読む

叫びは命の極彩色

こんばんは、月見です。

気づけばもう年の瀬で、そろそろ年が切り替わりますね。

という訳で、いい加減年内に決着を付けたかったことを清算しに参りました。

 

11/17,18に行われました、4thライブの振り返り。

いつもの如く振り返りという名の自分語りになりますし、今まで以上の乱文となっておりますがご容赦を。

 

続きを読む

無数航路の大艦隊

部屋の片隅、建前たちが折り重なる一角にそれはあった。

不恰好で小さな、東西南北すら記されていない奇妙なコンパス。

 

手に取って漸く思い出す。

ずっと昔、ガラクタだと思って捨ててしまったのだった。

 

今ならこいつの名前が分かる。

方角などお構いなしに、ただ一方向を指し続ける方位磁針。

 

ーーよう、随分遅かったな

 

とでも言いたげな顔つきの”元”ガラクタ。

”ハートの磁石”が、そこにはあった。

 

続きを読む

長い長い、一人相撲

 

 

こんばんは、月見です。

最近、ちょっと嬉しいことがありました。

というのも、ずっと悩みの種だった議題に決着がついたのです。

もっとも、その内容が完全な一人相撲でしたので、周りからすれば実にどうでもいい話なのですが。

 

ただ、ここは言うなればそういうことを書き出す場所なので。

長きに渡る一人相撲、その顛末。吐き出させていただきます。

続きを読む

惹かれたのは、輝き

 

こんばんは、月見です。

 

最初は何の記事を書こうか、と色々題材を考えていたのですが、そもそもブログを始めようと思ったきっかけについて殆ど語っていないことに気付きました。

そんなもの単にやりたかったからでしょ?と言われれば確かにそうなのですが、そうなるまでに実は色々と面倒な回り道をしておりまして。

ここに至るまでの1年と少しの期間。溜め込んでいた気持ちをここに吐き出してしまおうと思います。

 

以下、ひたすら自分語りになります。ご容赦ください。

続きを読む